クリスタで色収差オートアクションを使って見栄えをよくするには

CLIP STUDIO PAINT
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

 色収差のエフェクトを使うと手軽にイラストの見栄えを良くすることが出来ます。よく使われることが多いエフェクトの1つですが、CLIP STUDIO PAINT(以下クリスタ)ではPhotoshopのようにチャンネルを編集できないので少し手間です。

 そこで、クリスタのオートアクションを使用して色収差を行う方法を紹介します。また、レイヤーのずらし方にもいくつか種類がありますのでそちらも紹介します。

 オートアクションを使用しない方法についてはクリスタの開発元のセルシスが運営する「イラスト・マンガ描き方ナビ」の記事「イラストが大変身!色収差(色ずれ)を使った余韻のある画面作り」で紹介されています。

スポンサーリンク

色収差とは

 色収差とは、カメラのレンズによってできる写真の色ずれやにじみのことです。つまりカメラにとっては悪者なのですが、この色ずれやにじみがイラストをカッコよく見せてくれます。そこで、疑似的に再現して仕上げのエフェクトとして使用しているというわけです。

 ただ、この色収差はレンズの特性によってずれる色やにじみ方は変わります。つまり、このようになるのが色収差という絶対的な定義はありません。ずらす色やずらし方、にじませ方はどういう風に表現したいかで変えていくことになります。

 本記事では以下の絵を使用して色収差を作っていきます。過去にアイコン用として描いたのですが、あまり出番がなかったので…

オートアクションでイラストをRGBに分ける

 この工程はどういう風に表現したいかに問わず、必ず行う工程です。この工程では画像を赤、青、緑に分けていきます。

 CLIP STUDIO ASSETSの「色収差(RGBずらし)アクション」を使用してイラストをRGBに分けます。

1.上記からオートアクションをダウンロードする。

2.CLIP STUDIO PAINTの「素材」ウィンドウの「ダウンロード」から「オートアクション」ウィンドウにドラック&ドロップして読み込ませる。

3.読み込みが完了したら「オートアクション」ウィンドウから読み込んだ「色収差(RGBずらし)アクション」を選択し、「RGBずらし」を選択します。

4.完成したイラストのレイヤーのみになっていることを確認したら、「オートアクション」ウィンドウ下の再生ボタンをクリックしオートアクションを開始します。

5.オートアクションが終了すると、緑色の通常レイヤーと青色と赤色のスクリーンレイヤーが出来上がります。

 この青色と赤色のスクリーンレイヤーをずらすことで色収差が出来ます。緑色をずらしたい場合は他のオートアクションを使用するか、オートアクションを使用しない方法でRGBを分離すれば良いですが、普通は必要ありません。

レイヤー移動でずらす方法

 レイヤー移動でレイヤーをずらして色収差を実現します。

1.赤のレイヤーを選択し、「編集」の「変形」から「拡大・縮小・回転」を選択し、左右どちらかにずらす。ずらす長さはお好みで。

2.青のレイヤーも同様に、「拡大・縮小・回転」で赤のレイヤーと逆方向にずらす。

 こちらの方法だと、にじみが発生しないため物足りなく感じるかもしれません。その場合はこの後にさらにぼかしを入れてもよいと思います。もちろん、どれか1つの色だけずらしてもよいですし、任意の2つの色をずらしてもよいです。

この方法の場合、フチに違和感が出ます。その場合、キャンバスサイズの変更などをして隠すようにして下さい。

変形でずらす方法

 変形の拡大・縮小でレイヤーをずらして色収差を実現します。

1. 赤もしくは青のレイヤーを選択し、「編集」の「変形」から「拡大・縮小・回転」を選択し、拡大します。どれくらい拡大するかはお好みで。

2.1で拡大しなかったレイヤーを選択し、今度は縮小します。(この方法の場合縮小の方はしなくても良いです)。

 この方法の場合、中央ほど色収差が小さくなり、画面端ほど色収差が大きくなるため、視線誘導効果も期待できます。また、フチの違和感も出にくいです。見栄えとしてはただずらすより良いかもしれません。

放射ぼかしでずらす方法

 放射ぼかしでレイヤーをずらして色収差を実現します。

1. 赤もしくは青のレイヤーを選択し、 「フィルター」の「ぼかし」から「放射ぼかし」を選択する。

2.放射ぼかしのウィンドウが出るので、「ぼかす方向」で「外方向」を選択し、「OK」をクリックする。(「ぼかす量」、「ぼかす方法」はお好みで)。

3.1で選択しなかったレイヤーを選択し、今度は「ぼかす方向」で「中心点方向」を選択し、放射ぼかしをする。

 放射ぼかしの場合、変形と同様に中央ほど色収差が小さくなり、画面端ほど色収差が大きくなります。この方法の場合、さらにぼかしが入っているため、見栄えとしてもかなり良くなります。

ずらし方については3つ紹介しましたが、好みのものを使用してみてください。また、他にもずらし方やぼかし方はあると思いますので、色々試してみるのが良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました